P-LIFE
Text Size :  A A A
  日記        つながり    自己紹介    メール    flickr  
Img_148d433e4c324aa9e5904a39f7ab2ed48af53fb9
もう少しで生後1ヵ月。
顔つきも少しずつ変わってきて、うーん今は誰に似てるのかな?
Img_1a44cac9eb0b4c6972c633f98a295b04707e1c9b
ボクは自分の妹に似てると言い。
ゆりぴーは彼女の祖父に似ていると言う。
なるほどちゃんとミックスされているんだ。
Img_af8804ed0dab9988a1bd7127e9f8d5ab4ade7214
1ヵ月健診で久しぶりに産科へ。
ここに来るとピンク色の幸せな空気に満ちていて、なんだか穏やかな気分になる。

が、待ち時間が長くてくるみは飽きてしまった模様。
Img_9d724d9d1e762cc19af092d3fb9d9c7ea87f2f3d
我が家で遊ばれるくるみ。
Img_0568038c8a5f9f49d0577c51a3acef9ed05a8762
その程度では動じないよね。
Img_a0bee7d0e247e88a590fe6f864320906e0f1a2a8
保育園から帰ってくると玄関で必ず「くるみ寝とる?」と聞く風雅。
いつも気にしてくれてありがとう。

ボクにも妹がいるが、このぐらいのときはどんな風に接していたのだろうか?
今度実家に帰ったら母に聞いてみたくなった。
Img_12d2fc82ce51d36143b3463011aa7d0632cf0a62
くるみも風雅といると機嫌がいいみたい。やっぱり仲良し兄妹。
Img_71bf91320b24671ae58e6f40f3d782d95e9d9c87
アサヒカメラからドカンと荷物が届く。
中にはキャノンギャラリーで開かれる「アサヒカメラ賞受賞作品展」のDMが100枚。

開催地のそばに住んでいて写真に興味のありそうな人に送らせてもらうことにした。
って結局発送は年賀状と同時期になっちゃったのだが。

ちなみに銀座は1月に終わってしまったが
札幌2月17日~3月1日
仙台3月10日~3月22日
名古屋4月7日~4月20日
梅田4月28日~5月11日
福岡6月2日~6月14日 が会期です。
よかったら是非足をお運びください。

お運びくださいと言ったのはいいが
キャノンギャラリーは日・祝日は休館。梅田と名古屋以外は土曜日も休館。
いったいいつ見に行けばいいのかと突っ込みたくなるだろうなー。すみませんね。
Img_4e9a62c720e32df813f85ae4b10a43fffc4a9ee5
咳が出ているので前日に小児科に連れて行ったのだが
急に熱が39.8度まで上昇。当番医に連れて行く。

実はこの風邪はRSウイルスによるもので
12月の我が家はこの後このウイルスに翻弄されえらいことになるのであった。
Img_417ca468525b749f95c7763d5499fe5cf9f5fb02
風雅が風邪。休みを取って看病。
Img_a29e0f961313b796cf8d26636ee7c155cca13117
赤ちゃんの風呂上りのすべすべ、むちむち感は何物にも代えがたい。
Img_78e1bf6971c3aec6b50f90240d43dd68c8df7c5d
熱と咳がなかなか治まらない。
Img_490dcdec4f45d921463c0ac601387c77c35d5297
「保育園に行きたい」と言うけど、まだ無理。
退屈だよな。
Img_2416334f5e5160fe2c543b7e8248e08cc4d718bf
8日から、くるみも発熱。
この日は38.9度!

総合病院で検査してもらったらRSウイルスが出たと。
ここで初めて風雅もそうだったんだと気がつく。遅かりし父と母。

RSってみんなかかるものらしいけど鼻風邪程度で終わることが多いそう。
ただし免疫が出来にくくて何度もかかりながら抗体が作られていくらしい。
呼吸器が弱いと重篤なケースも生じるのだと。

くるみもぜーぜー苦しそうに息をして、そりゃもう生きた心地がしない数日だった。
新生児って母親の免疫を持って生まれてくるから風邪とかひきにくいだろうと思っていたが
母親が持っていない、例えば新型インフルとか、形が変わった風邪とかにはかかることがあるのだった。

ゆりぴーも眠れない週末を過ごすことに。
Img_eacc5900087641ff7ff611933175d5361177da26
最年少のツイッター友達の佳奈さんに薦められた絵本をamazonで。
風邪が治ったら二人に読んであげようと。

たまたまRallyeで酒井駒子さんがジャケットを描いていたCDを発見。
何かがつながる面白さから即買い。
これもジャケ買いっていうこと?

「THE LATE PARADE」というデンマークのグループ。
いかにも北欧っぽいミュージック。
Img_28a7adece46e9cfef2cf25850259b91eae2343fa
くるみ、かなり苦しそう。
熱があっても食欲はあったけど、とうとうミルクを吐くようになってしまった。

「この状態が長く続くようなら入院も」とお医者さんに言われてドキドキの週末。
Img_7893d9a2b19e30a0115c03f7cd92a30e9b697843
小さな身体で一生懸命に病気と闘う娘に「頑張れ」としか言えず。
Img_5915c58e39cb0dc79c14db9d0d450d85bbd46273
二人とも何とか峠は越えたみたいで少しずつ元気を取り戻してきた。
Img_8bb52d66987427ec09d3e356ddf6d6d03dddaa97
よく頑張ってくれて、ありがとう。
Img_1a8c71979f0adf88782c246157863b0d7c1cad8d
これからもこうやって病気もうつしあったりするんだろうなー。
あー安心したせいかボクとゆりぴーの調子が…。
Img_46c1ab6cd101d9e424a8630a36a00b50b05a1be6
赤ん坊ってじっとしてるから写しやすいと思うじゃないですか。
でも絶えず手足をバタバタ、ピコピコ動かしていて
意外にピント合わせが難しいものなのだ。

いやー生命力に満ちていて素晴らしいけど。
Img_01e1e6ef7084fa6d662078d4769b9ad42839c2cb
小さいけど満ちる力を感じる。
Img_3a37a22c0d64f8bf1a3404b82a32c591b4a17fc6
子どもが良くなったと思ったら夫婦で不調。
微熱、頭痛、関節痛。
なにせ看病なんかで忙しくて自分たちが病院に行く余裕もなく
我慢しながら放っておいたのがいけなかった。

ボクは風邪から副鼻腔炎を併発。
ゆりは同じく中耳炎を発症。


そんな折、アサヒカメラ3月号で2位入賞のお知らせ。
ぼーっとしながらもこみ上げてくる嬉しさで回復が早まったかも。
ちなみに2月20日発売なのでまだ本屋さんにあるかと。
3月号はCAPAにも入選しています。

プチ契約更新のバンダナも届く。
Img_3521b58dfc3599e1ecb6b839db65c3d449ebbe64
食欲復活のくるみ。
やっぱり、ふっくらしていたほうが赤ちゃんらしい。
Img_3b907a6fdcc5b657fc8de6563314ca52fa4c4269
脚の力が強くなって毛布なんか簡単に跳ね除ける。
隣りに寝ていて蹴られるとお腹にずしんとくるようになってきた。
Img_03cf790a4aa22250283f4f5598e48765655c66b8
健康が何より大事、ありがたいこなんだとしみじみかみ締めた12月の陽だまり。
Img_4cd861ce603fead6a177a9bb7d75763b0bbf8a5b
「くるみ、くるみ」と言ってお隣に寝るのが好きみたい。
Img_9d1a85a7dcaaca10c7e8aab3ab2470510deecd7d
子どもでも赤ちゃんの肌が気持ちいいのが分かるのか。
感触を確かめるように彼なりにそっと触っている。
Img_5a93c4d4c1969749b1a240ae59f6b1bbb8bc4b87
少しずつ笑顔の反応がが増えてきた。
それを見たくて一生懸命あやしてる。
Img_93afce8f3765cbd13abdbd63187a22f1d8e62cb2
やっぱり笑顔で繋がるっていいなあ。
Img_801b14e23a82c08a3416779f0d1ebc96a6572cf8
ボクのお休みの都合で、はや家は一日早くクリスマス会。
「ろうそくフー」はお約束通り何度もリクエストされた。
Img_bd25c306ff605e6f99e41ff83348b6b68159e1e6
風雅、ものもらいも出来てます。
眼科に行ったら「心配ないけど、完治までながーくかかります」って言われた。
Img_b7c7f62262d69ccf1522ace9a555bd07f3d50862
風雅が保育園で作ってきたリースとケーキ。
この前まではぐちゃぐちゃと投げやりなものだったけど
キチンと作ろうという意志が感じられる作品になってきた、気がする。
Img_93a9c163681fc5882dd6c06f1b44e742fbda4efb
「サンタさん、トミカビル買ったのー。また来てね。バイバイ!」
包装紙をびりびりに破って中身を確認すると、そういって窓の方に手を振っていた。

ボクは彼の言葉を聞き漏らさないように取材記者みたいに手帳に書き取った。
Img_7dd8889102343fa8acb48874b20aaca9859b4d19
ボクからボクへのクリスマスプレゼントが届いた。

「Gift」 市橋織江
「1970年、二十歳の憧憬」 ハービー・山口
「SWISS」 長嶋有里枝
Img_df3add794179013d81bb136f50945fb334a6c1dc
もう、病気治めも終わったと思っていたらまさかの風雅嘔吐、胃腸風邪。
年末応援に綾子さんが駆けつけてくれた。

不謹慎だがゆりぴーに増して料理好きの綾子さんが来てくれてお正月料理が楽しみになる。
Img_a650ab134ec9736528e9b7b57c596e323a035837
2010年も色々あったけど、来年は健康第一でいきたいね。
とにかく健康で。

12月の写真を振り返るとブレたりボケたり、落ち着いて撮ってないなと思う。
ボクも家族も体調がイマイチだったのが原因だと思う。
もちろんそういう写真も記憶に残るし、生活の臨場感が溢れるから嫌いじゃないが。


仕事が終わった後に、べちさん、平山さん、キヨシマシン、とよさん、ゆきえさんと粉で飲む。
店を出たら雪。
Img_0b11be9d47c71ace047662a8ed524355c7d89c2e
紅白歌合戦のEXILEやPerfumeを見ながらダンスを披露出来るまでに風邪回復。
Img_bf3f6f4e0b21f1d2db387e5613bfd9924a757cbc
年越しそばも「食べる」って言う。なんか成長したなあ、こいつ。

さてさて2010年も我が家を見守ってくださってまことにありがとうございました。
すっかりゆるゆるペースのP-LIFEを今後もよろしくお願いします。