P-LIFE
Text Size :  A A A
  日記        つながり    自己紹介    メール    flickr  
Img20090901173708
ひでさーん、ゆりぴーに作ってもらいました。
ザラメを使わなかったので色は薄めでだけど
爽やかな辛さで美味しいよー。わーい。
Img20090901174034
会社に行くときエレベーターの扉が閉まる瞬間が切ない。
遊んでほしい風雅の「あー」と言う声がだんだん小さくなる…。
Img20090902104707
Img2a20090902104707
Img3a20090902104707
よく食べよく飲み。
起きたらすぐにばっちり食欲。
いいなー、若い胃袋!

朝はパンが多かったのだが風雅は最近少々飽き気味。
確かに何も塗らないパンは味気ないよね。
Img20090903191846
中国の兵馬庸のように…
Img2a20090903191846
最近お気に入りの「アルゴリズム行進」
あれって覚えるの大変そうだなー。
Img3a20090903191846
よい子は食べ物で遊ばないように。
風雅に食べられます。
Img20090904180309
急に歩くのが好きになった風雅。
まったく赤ちゃんってのは不思議だ。
たった一日で急展開を見せる。
Img2a20090904180309
あすはどんなビックリを見せてくれるのか。
Img20090905190417
ゆりぴーは会社の同僚と女子飲み。
仕事から帰ったボクと家事を交代。

っていっても大丈夫。
カンフーアクションスターのような風雅が手伝ってくれますから。
ありがとうございます。
Img2a20090905190417
「アチョー。ワォ、足が、足が…」
カット!カット!
スターにもNGはあります。
Img3a20090905190417
そんな平和な日の夕暮れ。
夕陽がまん丸。
Img20090909113900
昼間は遊んで欲しいからボクに擦り寄ってくる風雅も
日が沈むころになるとゆりぴーにべったりになる。

日没後にボクと一緒にすることといったらお風呂ぐらいか。

ゆりぴーがトイレに行けば後をつけ
テレビの前に座ればぴったりくっつく。

くっついてます、今夜も。
昨晩甘えられなかった分も取り戻そうと。
Img2a20090909113900
ちょっとくっつきすぎじゃないっすか。

ところで、その姿勢疲れませんか?
Img20090907120439
お台場のガンダムは見られなかったが
金沢でもかなり力強くなった風雅が見られる。
Img2a20090907120439
木の葉や自分の影を追いかけて
あっちへとことこ、こっちへとことこ。
Img3a20090907120439
「チョリース」
きょうもいい仕事しました。
Img20090908114836
日に日に夕陽の角度が秋らしく。

とりあえず本日も人差し指たってますよっと、影付き。
Img2a20090908114836
少しもの悲しくなる斜光、秋の夕暮れ。
Img20090908115004
Img2a20090908115004
いつもの非常階段から。
Img20090909185251
餌付けしているみたいだけど、大好きなおやつ。

こんなのを教えなくても摘めるようになるわけで。
この微妙な力の入れ具合ってロボットなんかだと難しいんだろうな。
人類の偉大さをボーロを摘む我が子を見て感じる今日この頃。
Img2a20090909185218
「あーちゃん、ごちそうさま!」
もりもり食べてあっという間に完食。
親子ボーロおいしゅうございました。

綾子ママさんありがとう。
Img20090910123042
放心中? いえ踏ん張り中。

テレビの裏は人目を引きやすいと悟ったか
風雅は新たなトイレットスペースを見つけた模様。

扇風機と掃除機のこの微妙な配置がいいようなので
夏も去りましたけど片付けられない、親心。
って仕舞うのが面倒臭いので、ちょうどいい言い訳…。
Img2a20090910123042
「いちいちみんなに報告したら恥ずかしいでしょ」

なるほど、ではそっとしておきます。
Img20090911133402
だんだん頼りなくなっていくお日様。
素肌に感じる熱も心地よい具合に感じる季節。
Img2a20090911133402
昨日からゆりぴーと風雅は名古屋へ。
妻の弟を訪ねている。
うちの中が静かでこれまた心寂しい。
Img20090911133716
金沢は朝晩の風は涼し過ぎるほどで。
昨夜からパジャマ代わりのTシャツも長袖に。
Img2a20090911133716
「風邪ひいちゃだめだよ」

皆さん、夏のお疲れが出ませんように。
Img20090912125513
名古屋に居る間に猫の真似が出来るようになった。
弟君の家の周りにいる猫の声を聞いて始めた模様。
確かにうちは9階だからご近所の猫の声は届かないなー。
鳴き声が新鮮だったかな。

携帯で聞かせてもらったら「あ~む、あ~う」と一生懸命。
「にゃんにゃん」とかじゃなくて本格的なのが面白い。

日毎出来ることが増えて、顔つきも男らしくなってきたなー。凄いじゃん!
Img2a20090912125513
「そんな褒めるなよ。照れるだろ」

親ばかですから。
Img20090913234253
Img2a20090913234253
昼寝中。無防備な姿。平和な午後。
Img3a20090913234253
最近カメラを見ると突進してきて奪おうとするので
ゆっくり撮れるのは寝ているときだけなのだ。

しかし、熟睡していてもシャッター音にピクリと反応するのであった。ドキッ。
Img20090913235634
歩くのが嬉しい風雅。
点検待ちのディーラーでもお構いなし。
親から逃亡を図りあっちへこっちへ。

ピカピカの車やガラスにどっさり指紋をつけてきた。
あー、きれいなフロアレディのみなさんの頬がピクピクッとしてないか
気になりつつもつい遊んでしまうボク。
Img2a20090913235634
「これ! この車がいいー! ほしいよー! 乗って帰る!」

そりゃ、お父さんも欲しいです。乗って帰りたいです。
そういうときはもっと激しくダダをこねても構わないと思うな。
頑張れー! 心の中で応援しちゃおっと。

やっぱり男の子だからかな、ハンドルやスイッチ類にすごく興味を持つこの頃。
Img20090914231535
「うーん」
Img2a20090914231535
「…」

Img3a20090914231535
「寝起きドッキリですかー?」

髪の毛爆裂だけど、適度な癖毛ですぐに自然な流れになる。
寝癖がひどいボクは羨ましいっす、ほんと。
Img20090914233932
このかわいいネーム入りの袋の中には…。
Img2a20090914233932
今年の4月に高木糀商店で開かれた
手作り靴の「uzura」さんの (Click!) 個展で
妻が注文したシューズがようやくやってきました!

うーん、柔らかくてフィット感あって歩きやすそう。
デザインも革の質感もとっても可愛いじゃん。
うずら印もしっかり入ってる。



Img3a20090914233932
一緒にゆりぴーのもやってきました。
母子の秋のお散歩が一層楽しくなるだろうなー。
Img20090915122842
Img2a20090915122842
ボクの股の下で「バー」をするのが最近のブームらしい。

ゆりぴーに叱られるとボクの股下に後方から逃げ込んで隠れたつもり。
お尻に顔を埋めるのでこそばゆい。
お父さんおならしちゃいそうだよー。
そしておもむろに脚の間からバー。
笑えて力が抜けますよー。

自分が見えていないと、相手も見えていないと思うんだろうな。
でも丸見えなんだよなー。
Img20090916173135
Img2a20090916173135
この秋はもう一度しっかり金沢を見つめなおしたい。
時間が許す限り歩き回れればいいな。
当たり前になってしまった風景、ちょっともったいないかと。

なんて今は思っているけど実際はどうなるかなー。
まあ気負わず頑張ろう。
Img20090917131816
ぐいぐいぐい。
Img2a20090917131816
スーッ。

逆走失礼。
でも、どんどん登れるようになってきた。
手と足の力が強くなったねー。
Img3a20090917131816
「ふー、きょうもいい汗かいたぜ」
夕陽キラリ。仕事帰りの男がまぶしい。
Img20090918121542
Img2a20090918121542
ほっぺたやおでこに畳みの目の跡がついた昼寝からの目覚め。
祖父母の家をふと思い出した。

濃いカルピス、砂糖の入った麦茶、粉末のオレンジジュース。
なぜか飲み物の思い出が。
歩いて喉が渇いたのか。そんな夕方の散歩。
Img20090919111418
「はい、こちらFUGA。なにー」

電話の使い方を覚えた。
なぜか突然、スポンジやジュースの紙パックなど
手ごろな大きさのものを耳に当てて「あー」だの「うー」だの話すことも。

もちろん一番好きなのはボクたちの本物の携帯で。
ロックを忘れた妻の携帯で何度か実際に発信したり。
あるとき妻の会社の先輩にかけてしまい慌てて取り上げたけど
相手から「何か用事だった?」と折り返し電話をもらった事件も発生。
Img2a20090919111418
「ああ、ううう」

仕事の話かな彼女からかな。
込み入った話で長くなりそうなので今日は失礼します。
Img20090922124524
世の中はシルバーウィークのさなかだそうで
haya家もたまたまお休みになったので
行こう行こうと思いながら先延ばしになっていた
「加賀一ノ宮 白山比咩神社」へ。

思ったよりコンパクトだったけど
立派な檜や杉の大木に囲まれてとっても荘厳。
Img2a20090922124524
お宮参りの家族連れもたくさんいて
風雅も本当にでっかくなったなー、としみじみ。
Img20090922134014
白山さんを出て次なる目的地へ。


風雅、初めてのスライダー。
ちょっと引きつって吼えておりました。
まさしく獅子吼高原ですから。
なんと妻もこの手のスライダーは初体験とか。
なにごとも新しい体験はいいことで。
Img2a20090922134014
お昼はsayakaちゃんお薦めの「もく遊りん」で石釜ピッツァとパスタ。
気の優しさを生かした店内の雰囲気もよく味もいけてる。
Img20090922134801
さらにゴンドラで一気に上昇。
何が起こったかと不安気な風雅。
Img2a20090922134801
手取り川から日本海を望む眺望は抜群。
ここはパラグライダーのポイントらしく。
高所恐怖症のボクとしては想像だけでお尻がかゆくなる。
Img3a20090922134853
きょうも楽しく遊べましたー。パチパチ。
Img20090923005738
みーやんとsayaka夫妻主催の飲み会へ。
今夜はモツ焼きモツ鍋コース。
初めましての人たちばかり。
まったく異業種の話を聞くのは楽しい。

風雅がぐずったのでカメラを触らせてなだめた。
と、いつのまにか撮った画像はほとんど削除。
設定もこまかーく変更してくれていた。笑

いやーあなどれないなー。

Img20090924093743
きょうもブラブラ散歩道。

「お出掛けするよ」と言うと自分の靴を持ってくるようになった。
Img2a20090924093743
小さな公園お気に入り。

滑り台とバイクの遊具が二つの公園だけど必ず寄り道。
Img3a20090924093743
犀川ほとりもヨタヨタと。

きょうはわんちゃんいないかなー。
犬の散歩を眺めたり、後をつけるのが大好き。
Img20090924212807
遠出は避けて近場で行きたいところ…
ってことで「ミュゼふくおかカメラ館」へ。

白川義員も「世界百名瀑」もあまりピンとくる方ではないけど
轟音が聞こえてきそうな滝の風景は圧巻。
世界中を駆け回って取り続けるエネルギーに感動した。
こだわることも大切。
Img2a20090924212807
風雅は写真よりも美味しい水が気に入ってしまったよう。
こだわらないことも大切。
Img20090924213131
カメラ館の周りで何やらお祭りの気配。
Img2a20090924213131
楽しげな音楽といい匂いに誘われて近づくと。
「つくりもんまつり」ってゆるーい雰囲気のお祭りに遭遇。

のほほーんと浸ってみました。
Img20090924213557
「はて、わしの足元が何やら賑やかじゃが」
Img2a20090924214333
別に大仏様の顔がおかしかったのではないと思うのだけど
とにかく大受けの風雅だったのだ。
Img20090924215238
金沢の、とあるところで写真部が発足したと聞いて
どんなところかと部活見学。
なんだか学生に戻ったみたいな気分。
Img2a20090924215238
若い感性に触れられるのは何より刺激的で。
こちらは定時制を何度もダブったみたいな年ですが…。
Img3a20090924215238
仲間に入っちゃおうかなー。勤務シフトが気になるけど。
Img20090926072259
ワシワシとパンを手づかみ。きょうも見事な食べっぷり。
Img2a20090926072259
大丈夫ですか? 何か飲みますか。見事なほお張りぶり。
Img3a20090926072259
スタイにもしっかり食べさせてます。見事なこぼしぶり。
Img20090926212530
風雅にとって三輪車とはまだ乗るものではなくて
荷物を運ぶためのもの。

本日もえっちらおっちら家の中を行ったり来たり。
ちなみに前進できなくなると前のかごを押してバック。
またどこかに激突すると後ろに回って押し出す。エンドレス。
Img2a20090926212530
掃除をしていたらクルクルを運んできてくれた。
「うしっ」といって渡してくれる。

コミュニケーションがだんだん深まる秋。
Img20090927171910
先日の高岡プチ旅行。
全然下調べなしに行ったのでhanaさんにSOS。
おいしそうなお店を教えてもらって行ったのが
キャセロールという洋風家庭料理のお店。

休日と言うことでホリデーランチを注文。
妻はハンバーグ、ボクはメカジキのグラタン。
どちらもソースがいい感じ。
サラダと飲み物かデザートがついて1260円。
デザートのアイス付きタルトもうまし。
Img2a20090927171910
食べっぷり、本日もバッチリ!

お店は2階が禁煙席なのだが
この階の店員さんが若くて美人な女性二人で
風雅に手を振ったりとても優しく接してくれて彼は上機嫌。
何か物が届くたびにパチパチ拍手!
Img3a20090927171910
こんな大きなサッカーゲームは
妻も風雅も初めてらしく
二人でカチャカチャ対戦していたのだった。

ちなみにゆりぴーのオウンゴール負け。
Img20090928132653
スプーンやフォークで食べるのも少しずつ上手になってきた。
進化、進化。
Img2a20090928132653
「おいしい?」って聞くとほっぺや口元を人差し指でグリグリ。
これはかなり気に入ったようす。
「ボーノ、ボーノ!」ってか。
君はイタリア系だったっけ。
Img3a20090928132653
なるほど、めちゃくちゃおいしかったようだね。
作ったゆりぴー喜ぶよ。
Img20090929125843
ボクが起きると「あち、あち」と言って
パソコンの前に連れて行き座らせろと催促。

そしておもむろに株価チェック。
ではなくて、YouTubeでお気に入りの動画を見出す。
今は「でこぼこフレンズ」がベストのよう。
お付き合いのボクも「はなはなマロン」や「ふじおばば」や「くいしんボン」を知ったわけで。

Img2a20090929125843
それにしてもパソコンを見せろ、と催促するのは
妻にではなくて圧倒的にボクへのことが多く。
それは、甘く見られていることの裏返しなのだ。
さすが人を見る目は鋭い。
Img3a20090929125843
風雅は「たまごおうじ」の頭の殻が割れるところで必ず笑う。
今のところ100%ね。
Img20090930222407
色んなジャンルで迫力ある作品を生み出す横尾忠則さん。
作品はもちろん、ボクは日記が印象的だった。
新聞文芸欄のスクラップに引かれたアンダーライン。
芸術観や世界観をあらわす箇条書きのメモ。
人間臭い展示だった。
Img2a20090930222407
21世紀美術館では珍しく風雅は前半スヤスヤ。
久しぶりにゆっくり展示を眺められた。
Img3a20090930222407
Img4a20090930222407
後半起き出して色んなお気に入りの場所へ。
小さい子も飽きないこの美術館が大好きだ。