P-LIFE
Text Size :  A A A
  日記        つながり    自己紹介    メール    flickr  
Img20090501212428
先月、うちの母が金沢を訪れたときに買ってくれたラブラドールレトリバー。
こちらの愛犬とも一生懸命遊んでる。

しっぽを振りながらずんずん前進、キャンキャン鳴きながらちょびっと後退。
風雅もそれにあわせながらハイハイで進んだり下がったり。

ハイハイで巧みにバックする様はムーンウォークのようで芸術的。
Img20090502175901
ボクのふるさと浜松では
3~5日に浜松祭りがあって
昼間は凧揚げ、夜は御殿屋台が練って
初節句のお祝いをする。

が、今年は帰省せず
金沢で過ごすGW。
半分以上は仕事だけどね。

とはいえ、風雅も初節句。
うちでも祝いの飾りつけ。

こちら、百均で購入。
Img2a20090502175901
あの~、こちらも百均で…
Img3a20090502175901
これはスーパーで580円。

でも、祝う気持ちだから。
お金で買えない価値がある、プライスレスってことで。
Img20090503104328
いつの間にか我が家にボールプールが導入された。
先月ヨメがバザーで500円で購入。

風雅、すげー投球練習しちょります熱心に。
なかなかいい肩してるなーと感じるのは親ばかだから。

やっぱり褒めると伸びるタイプか
当然網の外に遠投するのが楽しいお年頃。
寝る前に部屋に散らかった球拾いをするのは何か補欠の気分なのだ。
Img20090504104105
いつの間にやらゴールデンウィークも後半。泣
渋滞情報も上り線がメーンに。
みんなUターンの頃なのね。

相変わらず仕事が続く。
ってことで、ヨメがお弁当を作ってくれた。
彩りがイマイチなので「アップするの~」と不満そうではあるが。
そんじゃちょっとボケ多めに撮るねということで
OKいただきました。
お弁当ラブ、とってーも感謝しております。

1LDKのイトウさん、かものはし日和のひでさん、
SUNDAY PHOTOGRAPHのはっちさん。
リスペクトする皆さんのように
かっちょよく料理したいなー、お弁当作りたいなーと
思うこの頃。思うだけで終わりになっちゃわないように。
Img2a20090504104105
まあ言い訳だけど、
ヨメが育児休業する前はたまに作っていたんだよねぇ。
最近はすっかり任せっぱなしで。
申し訳ありませんね。

最近、髪を徐々に伸ばし始めたヨメ。
石川の人はみなゴジラ松井のファンで
55のTシャツを着ているわけではないので
そこのところ誤解なきように。
Img20090505225209
端午の節句のお祝いにヨメの実家から
五月人形を贈ってくれると言われた。
ありがとうございました。

うーん、なんでお嫁さんの実家は
孫の節句に色々気を遣わなければならないのだろうねぇ。
日本の悪しき風習な気がするなあ。
風雅のところにお嫁にきてくれるときは
両家のじっちゃん、ばっちゃん共同でやりましょう。

って、まあそんな未来の話はこっちへおいといて。
今回はありがたくご好意に甘えるとしまして。甘えたのかよ。笑

でも、我が家は狭いし転勤もあるし
でっかい五月人形はどうかなーなどと思っていたら
可愛い物好きなヨメが面白い物を発見。

江戸独楽とよばれる独楽細工。
その第一人者の小宮耕生さんという方の独楽五月人形。
槍の先が独楽になっていてクルクル回る。
その力で武者も木馬のように前後に揺れる。

ちょうど金沢で物産展があって
偶然にも小宮さんが出展。
限定2作と言う五月人形を手に入れることが出来た。
武者の胴には風雅と名前も入り、素敵な出来栄え!
Img2a20090505225209
端午の節句に思うことというか誓うことというか。
風雅の話すことにきちんと耳を傾けていきたいなあ、と。

「親父には話しにくいなー」と思われないように
どんなことでも先延ばしにしないで
話を聞いてあげたい。
風雅が色んなことを話せる雰囲気の家族になりたい。

もちろん、ぼくにも男のポリシーがあるから
「いや、お前我慢が足りん」とか「そんな弱気でどうするねん」
と思うこともあるかもしれない。
でも、そんなことはとりあえず押さえて
まず、話に共感してあげたい。
その上で経験からくるアドバイスを冷静にしてあげたいなあ。

うーん、しっかり精神修行していかなくちゃ。
まだまだ頑張らねば。
Img20090506220722
ようやく、ゆっくり休めた。
haya家は福井の金津創作の森へ。 (Click!)
「クラフトデザイン展 金沢発・暮らしを彩るクラフト」を見る。

これは北陸3県の伝統工芸といわれる
越前漆器、越前和紙、九谷焼、金沢桐工芸、高岡漆器などを
創作の軸にしながら芸術の範囲を超えて
生活の中に生かすような作品として提案しているアート展。
使ってみたい素敵な作品がいっぱい。

その関連イベントで「乙女の金沢」展にも。
人気の旅の本『乙女の金沢』でおなじみの
金沢生まれの可愛い品々が一挙に集合してる。
この可愛いってキーワードにhaya家は弱いのだ。

●加賀麩司宮田の麩
●菓匠高木屋の紙ふうせん
●かわむらの甘納豆
●直源のゆずしょうゆ
●福光屋の限定だるまラベル酒
●坂井直樹の鉄瓶
●KiKUのアクセサリー
●factory zoomerのガラスの器
●廣島晴弥のカットガラスの風鈴
●千と世水引ののし袋とポチ袋
●ドウガミスミコの陶のマドラー
●季器窯と工房あめつちの九谷焼
●須原裕子の漆の小物
●兵井ひろみの革の鞄と小物
●毬屋の加賀手まりとゆびぬき
●目細八郎兵衛商店の縫い針
●あうん堂の本
●岩本清商店のちょこっとトレー
●高知子の刺繍小物
●本 『乙女の金沢』 と 『そらあるき』
●東出珈琲店の「乙女ブレンド」豆
●井上美樹のガラスのモビール

どちらかといえば、こっちが主目的か。
金沢に住んでいて半分以上はチェック済みだけど
これだけ一所に大集合しているのは珍しくなんか得した気分。
Img2a20090506220722
この創作の森というところ
緑がきれいで超のんびりできた。
やっぱり空気が美味しい気がするなあ。

風雅がもう少し大きくなったら
ガラス細工など是非一緒に創作体験もしてみよっと!
Img20090507172613
金沢21世紀美術館前で、土日祝日に販売されている
「まるびぃアイス」は醤油の町金沢市大野の
ナオゲンこと直江屋源兵衛作で醤油味がイケてる。
モナカの21の刻印もおしゃれ。1個150円なり。

醤油味と言ってもきなこ的というかみたらし風というか
アイスのミルクとの相性もばっちり。

そんないい香りに風雅も激烈反応!
「ボクにも食べさせてえぇぇぇぇぇ~」と魂の叫びか。
ヨメとアイスを巡って熾烈な争い。笑
Img2a20090507172613
残念ながら砂糖いっぱいだし醤油ってのもまだ早いでしょ。
というわけでモナカは風雅担当ということで
ようやく落ち着いたのだった。

赤ちゃんもとりこにする「まるびぃアイス」
週末に21美にお出掛けの折には是非どうぞ。
Img20090508111041
この角度、ヨメのお母さんにそっくりだと思う。
ちょっと見るアングルが変わるだけで印象も随分違う。

っていうか毎日少しずつ違うんだよなー、顔が。おもろい。
Img2a20090508111359
さて、監督。きょうは何のサインですか?
何か魚市場にも見えなくもないですけど。

ははーん、今月15日は誕生日だと。そうおっしゃりたいわけですか。
忘れてなんていませんよ。
ちなみにその2日前はボクの誕生日ですよ。
ではでは合同誕生日会ですかねー♪
Img20090509113911
風雅の「ねえ、お願い」って感じの
上目遣いに弱いんだなあ、まったく。

この後「抱っこして~」と
手を伸ばされでもしたら
「よっしゃ!」となってしまう。笑
Img2a20090509113911
似たような目線、どっかであったなあと思ったら。
UNICの看板娘二代目の
「ねえ、背中さすってよ」的なあの視線。
デジャブ。

こちらにも弱いのである。
Img20090510113801
ボクと風雅からお母さん1年生へ。
あとちょっとで2年生進級だね。
おつかれさま、これからもよろしく。
頼りになるヨメであり母です。
Img2a20090510113801
寝起きの風雅、髪の毛のカール具合が気になりますか?
などと言っても無表情ぶすっと。
Img3a20090510113801
着替える頃には表情も温まって。テヘッ。
Img20090511231017
昨晩は宮田家飲み。
あかりちゃん、こんばんは。
ボクをガン見!
Img2a20090511231017
まだ見てる。カメラ気になりますか?
Img3a20090511231017
逆さにされてもカメラ目線。笑
おじさまキラーのあかりちゃん。
ボクもすっかり虜になっちゃった。

おいしく食べて飲んで話して。
乾杯以降は写真も撮る暇もなく楽しんだ。
すっかり酔った夜。
Img20090512123802
いやー、うまそうやね。

なんといっても、離乳食完食、バナナ1本デザート、
さらにボーロもほしいほしいって
食にこだわる男ですから。ただの大食らい。
Img2a20090512123802
左右の手を交互に使い次々限界まで詰め込んで、
グワッとなるインド人もビックリ的な
男気溢れる食べ方は真似できねー。
誰も取りませんから落ち着けよーって話。
Img20090513175101
いつまでも気持ちは若くいたいなあ。
先日受けた健康診断の結果も異常なし。やったー。
Img2a20090513175101
今年も無事にこの日が迎えられました。
健康に感謝!
ヨメがプレゼントをくれました。わーい。
Img20090514160941
我が家のグラウンド、もとい床だった。
今日も補欠のボクの出番だ球拾いワッショイ!
Img2a20090514160941
「チィワーーース」
だってそこには厳しい風雅先輩がいるから。
愛の千本ノックだワッショイ!
Img20090514165428
郵便受けに往復はがきが入っているとドキッとします。
Img20090515174631
やっほー、やった! 風雅、無事1歳を迎えました。
この1年本当に早かったなあ。

きょうも金沢はいい天気で
去年のきょう、産院でみた夕焼けを思い出しました。 (Click!)
Img2a20090515174631
これからもバリバリ食べて
シャキシャキ動いて
ドンガドンガ大きくなってほしいです。

haya家みんな元気に頑張ります。

おめでとう風雅。
ありがとうFUGA。
Img20090516120048
だんだん哺乳瓶を使うことも少なくなってきた。
歩き始めたら赤ちゃんって感じじゃなくなるんだろうなー。
と思うと少し寂しい。成長は嬉しいけど複雑。
Img2a20090516120048
それにしてもメドゥーサみたいな湯上りの髪。
実はこれがマックスの夜。
ヨメがちょっとカットしたのでした。
Img20090517110909
風雅とボクの合同誕生会は
仕事の都合もあって昨夜開催。

ヨメが金沢小町さんのあつらえケーキを発注。
風雅の愛犬をかたどったチョコ&フルーツケーキは
さすがの出来栄え!
Img2a20090517110909
このカメラのあたりは
ヨメの心遣いでボクバージョン。
一応合同誕生会ですから名目は。

…カメラちっちゃーい。ちっちゃーな気遣いですこと。笑
でも、ありがとう!
この部分はしっかりボクがいただきました。
このケーキ、形だけでなく味もグー。
楽しさ倍増だったのだ。
Img3a20090517110909
まだローソクは1本。
本数とともにどんどん大きくなーれ。
ケーキもズンガズンガ食べれるようになっておくれ。
Img20090518104402
東雲 (Click!) のつなみさんが贈ってくれた
長崎堂のバターケーキ!

広島の隠れた逸品らしい。
すみません、広島あなどっておりました。笑
もみじまんじゅうしか知りませんでした。

レトロ&モダンなパッケージが可愛くて
いやがうえにも期待が膨らむ。
Img2a20090518104402
で、これが凄ーくおいしいのだ。
カステラ風だけどしっとりしていて
自然の風味がしっかりしているけど
味は優しくて笑顔になる感じ。

食いしん坊のhaya家では
次々カットしていきああ、もうあとわずか…
時計で言ったら残り10分のあたりまで一気に。

ああ、つなみさん本当にありがとう!
風雅も喜んでパクついております。
Img20090519093850
「わーい!広々とした芝生は気持ちいいなあ!」
Img2a20090519093850
「それに、食べ物もいっぱいだー」

って、それ草じゃん。
キミも草食系男子になるんかい?
Img20090520221823
Img2a20090520221823
Img3a20090520221823
起きて顔を洗って食べてるように
歩いて撮って眠りたいと思う今日この頃。

風雅の日々とボクとヨメの日々。
これからもしっかり見つめていきたい。
Img20090521174921
目覚めの10秒前。
うーん、天使の寝顔。
平和な朝の気配。

さて、10、9、8、7…
Img2a20090521174921
…3、2、1、0!
ぶはーっ、うーんっ!

さーて、今日もひと暴れしますかのブサイク寝起き。
おにぎり山くんみたいだね。
赤ちゃんの伸びって手が短いからバランス悪いなあ。笑
Img20090522205905
企業の戦略に踊らされやすいヨメ。
「ちょっと、可愛くないー?」
って何度聞かされたことか。
Img2a20090522205905
「これ、やっぱり全種類ほしいよな」とボク。
あー、つまり似たもの夫婦である。
Img20090523200738
天ニマシマス我ラノ父ヨ…

お食事前に祈りを捧げる。
Img2a20090523200848
後は野となれ…。
Img20090525004835
今日はかほく市の「西田幾多郎記念哲学館」のギャラリーに
中乃波木さんの写真展「Noto」を観にいったのだ。

ああー、もっと早く来ておくべきだった。
哲学館の造りすごーくよい。

このギャラリー、円形が基本で何度もくるくる回って
好きなだけ見直すことも出来る。
写真展って順路があるんだけど一方通行じゃなくて
エンドレスって感じの見方が楽しい。

それに展示は1階、地下1階、展望ラウンジと階層があって
それぞれの明るさや雰囲気にあった大きさやトーンでまとめられて
いやはや、とーっても素敵な写真展であった。

ちなみに西田先生の資料も充実してる。
バーチャル哲学解説はぜひ体験を。笑
Img2a20090525004835
もちろん中さんの写真も能登の原風景を生活感あふれる
優しい視点で切り取っていて、住んだことはないのに
懐かしさがジーンと湧いてくる。余韻がある。愛おしいなあ。

じっくり腰をすえてしか撮れない写真なのだ。
若い作家さんなのに堂々と撮っている。
ノスタルジーに浸りすぎることなく
対象と自然な距離感で向かい合ってる感じが気持ちいい。
ボクもいつか南の島でこういうスタンスで撮影生活が出来たらなあ。

ぐるぐる回りながらじっくり見て考えて
哲学館は心の洗濯にぴったりの場所なのだった。

で、続く…。
ちなみに写真展は6月7日(日)まで。入場無料だよ。
Img20090525111831
haya家が西田哲学館のギャラリーを
グルグルしてるのには、もうひとつ訳があって。

ちなみに昨日の写真に写っている地下のギャラリーは
この外側にも円を描く展示スペースがあって
こちらには一番重厚なかつ大型の写真が並び
それらはズシリと心に響く。見ごたえあり。


さてさて、実はボクが館内の写真撮影について
きれいな事務員のおねえさんに尋ねたところ、最後に
「実は4時過ぎに中さんがこちらにいらっしゃるんです」と
そっと教えてくれたのだ。ワーイ、待ちます待ちますって訳で。
Img2a20090525111831
お会いした中さんは、すごーくキラキラしたオーラが出てた。
かといって芸術家すぎるという雰囲気でなく。
立ち位置がすくっとした感じって分かります? そういう印象。

話し方も接し方も気さくで優しい女性で
おしゃべりにいっぱい付き合ってくれた。
ほんとうにありがとうございました。

しっかりとしたビジョンを持って創作しているのが
話の端々に滲み出て、やはり写真が好きなんだなーと
当たり前なことなんだけど嬉しくなった。


イラストも描くのが好きなんだそうで
写真集にサインをお願いしたら
相手のイメージに合わせというイラスト付きで
さらさらと書いてくれた。
この哲学館に寄贈した見本の写真集の裏表紙にも
イラストが描かれているので訪問したら是非見て。笑

お得な情報として館内に「31日に中さんが来館されます」という
貼紙がしてあったから、この日は狙い目かもよ。

ちょっと構想を聞いた
次の作品への期待も嗚呼高まるのであった。
いやー、思い立って哲学館に行ってよかった日曜だったのだ。
Img20090528100354
ボクたちは美食家ではないけど
美味しいものが大好き。まあ、まず嫌いな人はないだろが。笑

もちろん美味しい喜びは家族で共有できたら
なおのこと美味しいという理念に基づき
風雅も含めてズンガズンガ出掛けてしまうのである。
在る意味チャレンジャーかも。

一部、お腹がすいた風雅の叫び声で
ご迷惑になっているやも。
この場を借りておわびします、が。
Img2a20090528100354
かほくの「シェ・ミノール」のランチ、とってもいい感じでした。

丘の上からの眺めも素敵なフレンチ。
肉と魚の2種から選べるけど、当然我が家はひとつずつを半分っこ。
どちらもボリュームも味も大満足でして。
4種から選べるデザートもおまけ的ではなくてガッチリ。
いやー風雅も早く食べれるようになればいいのになあ。
Img20090528102838
朋有り遠方より来る、亦楽しからずや。

ボクの社会人駆け出し時代、東京でよく一緒に仕事をした
赤いシャツが似合うライターの松崎由紀子さん。
たぶん10年以上会っていなかったが、突然の再会が実現。

旦那さんのカメラマン志鎌猛さんは
森林の写真をモノクロで精力的に撮り続けて
今秋にはデンマークの美術館で作品展を控える。
「森の襞」(冬青社)という写真集は
日本中の森の畏れ多さと凛としたたたずまい
風の通る音、動物の泣き声、そして深い深いしずけさ。
そんなものが見えてくるすごい写真がいっぱい、必見。

由紀子さんのお友達の麻田光子さんとは初対面だったが
芸術や文化のお話がとっても楽しい上品なご婦人。

急遽決まった宴会に金沢・射水・能登ツアー。
めちゃくちゃ慌しくも楽しい1日半だった。
また、能登の森にも遊びにきてねー。
Img20090528110417
気持ちいい緑の風。
公園で過ごすのが楽しい季節。
Img2a20090528110417
風雅は芝生の上のハイハイは苦手みたい。
草がチクチクするせいなのか
腰高で足の接地を少しでも押さえようとして
妙なバランスに陥るのであった。


そういえば、ボクも幼少の頃は裸足で砂場が苦手だったよう。
なぜなら「足がチクチクするから」
うーむ、我が家の男子がチクチクに弱いのかー。
Img20090529104229
わが家を訪れたテツ。
最近の風雅はおっさんには拒絶反応示すのだが
やっぱり年齢不詳のだいぶ悪おやじには興味津々。

テツが旨そうに飲むビールを「ボクにもくれー」と強奪に走る。
最初は甘く見ていたテツもその力にビックリの図。

男子三日会わざれば刮目して見よ、だろ。
Img2a20090529104229
そんなテツが風雅にプレゼントしてくれた絵本。
さすがのセレクト! 我が家のツボです。
これを楽しく読んでくれる日がくるのが待ち遠しい。

とりあえずボクは一足先に楽しませてもらった。
ありがとうね。
Img20090531155115
4万円也だそうである。泣

望遠レンズ、ピントを合わせようとすると
「キィー、キィー」と小さな音がするので
修理点検に出したところ見積もりがあがってきたのが、このお値段。

まあ、仕方ないのである。
相棒たちの健康維持のための投資であるからして。
とはいえお財布には痛い。
Img2a20090531155115
そんなボクの嘆きなんて我関せず。
毎日よく食べる風雅。

毎食、バナナ1本完食。
うーんバナナってダイエットのために食べる人もいる
栄養価が高くて腹持ちのいい食品ではないのか?
それを毎日食後のデザートに3本食べるってどうよー。笑
それも食事だってかなりガッツリ食べた後に。

よく食べ、よく動き、よく寝て。
ちょっとずつ出来ることが増えて。
右肩上がりって見ている方も楽しいのは間違いない。
Img3a20090531155115
金欠のボクを神様が励ましてくれたのだろうか。
午後にこんなお便りが。

やっぱりマイペースでやっていくしかないのね。
風雅を見習わなくてはね。
Img20090601024307
懐に続いて今度は腰だ。
7ヵ月ぶりに腰痛再発。泣
あす病院に行ってこよう。

そんなことは露知らずというか理解すべくもなく
風雅は抱っこをおねだり。
すみません、ガラスの腰のオヤジでして…。
と、本日は乗車拒否。
Img2a20090601024307
風呂上りの風雅は普段にも増して柔らかく。
こんなポーズ、今のボクには想像しただけで腰に響く。
情けなや。涙