P-LIFE
Text Size :  A A A
  日記        つながり    自己紹介    メール    flickr  
Img20090201175549


優しくて力強い。
薪の炎、見ていて飽きない。

うーん、なんだか焚き火がしたくなるなあ。

ついでに焼き芋が食べたくなる。
食い意地が張った連想だこと。
Img20090201230137
昨日はフレンチのMakinoでゆきネエと新メニューの撮影。
試食志願の相方と風雅も一緒。
初めましての好青年マキJとも会えて嬉しい限り。

今回も、とってもとってーもおいしい力作がずらり。
「野菜のタルトフィーヌ、3つの技法のカンパチ カルパッチョ添え」は
目にも鮮やかで陸と海の旨み凝縮、自然のエネルギー充満。

すごいなー、マキノ君。
おいしいさのアーティストだ。
人を楽しくさせようと思うってはどのジャンルでも素敵なこと。
ここにくるとボク自身も初心に帰れるっていうか素直な気持ちになれる。

そんな、旨くて幸せな時間がすごせるMakinoはこちら (Click!)
Img20090203171043
Makinoに撮影に来て楽しいことは
おいしい試食もさることながら厨房でシェフを撮れること。

こちらで焼きながらあちらでソースを仕上げて皿を出して
次の料理の仕込みもしながらお客さんの食事の進み具合をチェックして…
いやーもう、神様のような手さばき足さばき。
プロフェッショナルって凄い!

「あれれ、この部屋に何しに来たっけ」というボケ症状が
日に日に増えている当方には畏れ多いことで。

そんな素敵なシェフとその相方の笑える心のつぶやき
「Murmure Makino」はこちらから (Click!)
Img20090204110046


立春の金沢は青空。
ああ暦だけでなく季節もこのまま春にならないかなー。

昨日の節分は相方お手製の太巻きを食べて豆まき。
風雅の鬼役は迫力不足ですぐに却下されました。
Img20090205114306
「魔女の宅配便」を実写化したらここでロケ出来るじゃん!
そんな感じ、絵本から飛び出してきたような素敵な雑貨ショップ&カフェは
辰口にある「HOME’S MARKET」 (Click!) 

住まいとショップが融合してるからお店に来たっていうよりも
知人宅に遊びに来たようにくつろげる素敵な空間。
可愛い雑貨も渋い家具もとってもいいです。
こんなうちに住めたら毎日ワクワクだね。

オーナーのまゆきさんもとっても美人。
コーヒーもうまし。


階段下の秘密基地で風雅をパチリ。
ちょっと女の子みたい?

Img20090206112421


毎日、少しずつ変わっていくような気がする。
かなり大人びた表情に見えたり。

それにしても髪の毛が伸びた。
この先どうする?
ビジョンがない父であった。
Img20090206232710
お散歩いとおかし。
うさぎチェアーはさらなり。

平日の21世紀美術館は空間一人占め。
明るくて気持ちいいー。
金沢市民の特権ですな。
Img20090207223326
こっちにもあっちにも椅子がいっぱい。
21世紀美術館は休憩しながらのんびり見られるのもいいのだ。
キッズルームや託児システムもあるし。

風雅も最近、展示品を不思議そうに見てる。
舐めたいだけという噂もあるが。
あまり近づけると手を出すので危険だ。
Img20090211131334


94歳になる祖父が入院したと聞き
急遽浜松へお見舞いに。
慌しい旅。

風雅は初めましての萌南ちゃんに
いっぱい遊んでもらいました。

やっぱり女の子は母性本能あるのでしょうかね。
まだ5歳なのに次々世話をしようとしてくれました。
ありがとうね。
Img20090212213806
なんだか引っ越すことになり。
といっても歩いて3分のところ。
もちろん金沢市内での話。

物件探しから手続きや手配の連続でお疲れ気味。
きょうはカーテンを買いに。
新居のマンションは既製品ではフィットせず。
それにしてもカーテンって高いね~。

さんざん迷って「お、ねだん以上」のニトリでイージーオーダー。
これがカメラかレンズだったら楽しい買い物だが。笑
でもとりあえず気に入ったものが見つかってよかった。
風雅もちょっと一休み。
Img20090213105752
引っ越し業者からダンボールも届き
相方は徐々に荷物を入れ始めた。

が、狭い我が家にいくつダンボール箱を置けるのだろうか?
なんだかとんでもないことになりそうな予感も。笑

まあ、いつものように何とかなるの精神で。
風雅は障害物を上手にパスしてハイハイでお散歩中。
Img20090214100825


逆チョコとかいうものも流行りつつあるようで。
自分もちょこっとパンやケーキを作ってみたい気がする。

プチつながりの男子のみなさんが
上手に料理やパンを作っているのに
感心したり憧れたり。

落ち着いたら相方から教えていただこうかな。
Img20090215185723


朝のトーストから肉まんの皮まで
「欲しい、欲しい」攻撃に敵わず。

自分の好物を目敏く見つけるんですね、ほんとに。
やっぱり食べて生きるって本能なんだなあ、としみじみ。
Img20090216064637
自分が映った動画を見ると泣き止む風雅。
泣き止むどころか「きゃっきゃ」と笑ったり。
機嫌を良くさせる秘密兵器として助かるけどね…。

鏡を見るのも好きだしなあ。

もしかして筋金入りのナルシストなのね?
Img20090217173334
はとこの日々輝くんにも遊んでもらう。
ポケモングッズのモンスターボールをコロコロと追いかけっこ。

何となく大人に遊んでもらうのとは違うんだよね~。
お兄ちゃんに尊敬の念を持っているっていうか。

赤ちゃんも相手が子どもって分かっているようで
それなのに色んなことが出来たり、色んなものを操ったりするのが
「すごーい」と感じているようなんだ。

年がちょい違う子ども同士ってのも面白いなあ。
Img20090218071507


最近のお気に入りは相方の妹に買ってもらった
網のようなビニールボール。

カラフルで掴みやすいのがいいらしい。
自分で投げては高速ハイハイで追いかける。
うーん、いい汗かいてるねえ。

で、オーバースローを教えたら出来るじゃん!
さっそくキャッチボールに挑戦。
もちろん返球はコロコロ転がして。

こちらもかなり楽しそう。
こちらが疲れるまで飽きもせずに繰り返す。
いい感じのレーザービーム!
WBCの合宿に呼ばれるように頑張ろうぜ。

Img20090220101035


ぐんぐんと髪の毛が伸びてきたので
髪をパッチンしてみた。

おー、ちょっと女の子みたいじゃん。
なかなかいいのでは。笑

当人は困惑か。ぷー。
Img20090220100949



引っ越しまで、あと数日。
荷を詰めたダンボール箱は現時点で50個。
でも、まだ外に出たままの雑貨も多く残ってる。
あと一頑張り、二頑張りしましょう。

この部屋で暮らすのもあとわずかだ…しみじみ。
風雅が初めて生活した場所なんだよなー。

初めて病院から帰って来た日。
小さくて壊れてしまいそうで取り扱い注意って感じだった。
今はいたずらも覚えて、まったく大きくなったもんだ。

新しい部屋でまた楽しい思い出を刻んでいこうね!
Img20090221103539
コンセントの赤いランプが気になる風雅。
「危ないからだめねー」と言われて
自分のマットの上に引き戻されたが…。

またいたずらしにハイハイしてくるだろうと
張り込んでいると…。やっぱり、また来た!

ダンボールの陰から「ふーくん」と声を掛けると
慌てて何もなかったような顔を小芝居する容疑者。
しかし、目が泳いでいるのを見逃さないのだよこちらは。
Img20090228114942
まだ、何もない部屋で荷物を待つ。
風雅は広々とした床で思う存分ハイハイ。

新居は窓が広くて気持ちいい。

泣きそうになりながら詰めた荷物を
また開封していかなくちゃいけないなんて…何か不条理。
Img20090228115308
とりあえず引っ越しも一段落して
夕食をとっている時に訃報が届いた。
まるでボクたちが落ち着くのを待っていてくれたみたいに。

2月23日19時21分。
祖父が94歳で人生の終わりを迎えた。
Img20090228120152


祖父は部品を作る町工場をやっていて
90歳まで現役で働いていた。

工場の中で轟々と音をたててまわる
動力を伝えるベルトの音や
金属の削りカスの中にいる祖父を思い出す。


2週間前に見舞いに行った時
お土産に持っていった中田屋のきんつばを
「こんな、美味いのもが食べられて幸せ」
と言いながらほおばってくれたのが
最後の思い出になってしまった。

実はその1週間ほど前に体調を崩し
病院に行ったら癌が見つかって
もう余命2週間から1ヵ月と診断されていた。

みんなとのお別れの時間を持ちながら
長患いせず、苦しまずに
最期は眠るように逝ってしまったという。
それは見事な死に方だと思うわけで。

おじいちゃん、ありがとう。さようなら。
天国でおばあちゃんと一緒にボクたちを見守ってください。
Img20090301110743
24日に故郷の浜松に戻る。
通夜にも多くの人が訪れてくれた。

翌日じいちゃんは骨になった。

また、金沢へ。
どっぷり疲れた1週間だった。