P-LIFE
Text Size :  A A A
  日記        つながり    自己紹介    メール    flickr  
Img20080801101254
「nimmari」さんのブログを知ってから
ずっと行ってみたかった「toon」でヘアカットしてもらった。

お店は想像通り、うーん想像以上に素敵だった。
木がいっぱい使ってあってシンプルで明るくて。
髪を切り終わってカフェに変身してくれたら
そのまま何時間も居続けてしまいそうな気持ち良さ。

座ったままするシャンプー台、初体験でしたがいい感じ。
顔をガーゼハンカチで隠されないから閉所恐怖症のテツにもお薦めだよ。
yukoさんのシャンプーもグー。
何よりhanaさんは写真よりも素敵でおしゃべりもカットも上手で
初めて行ったのにとってもリラックスできたなあ。

最後にお願いして、チョコビを撮らせてもらった。
こちらもとっても可愛い仕草をいっぱいしてくれた。

とっても癒されました。
ありがとう。
Img20080802101313
いつも人肌のミルクや乳しか飲めないなんて
こんなに暑いのに大変やね。
冷えたビールをグイっとやるとたまらんよ。

ミルク飲むのもいい運動なのだろうし
お腹がふくれて気持ちいいのだろう。
100~120mlを飲みきる頃にはウトウト。
でも寝ながらもゴクゴク。

ええかげんにどっちかにしなさい、と突っ込みたくなる。
まあだいたいはゲップさせようとして復活されるんだが。
Img20080803093836
2週間前にはうつ伏せにするとつぶれていたが
近頃の風雅は腰を浮かせたり
首を持ち上げて左右に向きを変えたり。

なんだか運動を楽しんでいるようにも見える。
だいぶ筋力がついてきたんだなあ。

北京五輪開幕にあわせて
いや、寝返り開始に向け調整もうまくいってるようで。

赤ちゃんの日々は濃厚。
毎日、成長していく。
こちらは日々退化してるってのに。嗚呼。
Img20080803205240
暑い日が続いているが
よくミルクを飲み
バタバタと手足を動かし
グーグーとよく寝て。
最近、ぷっくり具合が心地いい風雅。

ぷっくりはぷっくりでも、
父のメタボな腹とは大違いか。

ほっぺの弾力もいい具合。
やっぱり若いってことなのね。

あせもも出来ず
親孝行な子や。
Img20080804221653
8月も早くも5日。
あっという間。

ヨメは金沢市民になって1年を迎えた。
つまりボクたち夫婦が一緒に暮らし始めて丸1年が経過。
その前の1年ちょっとは別居婚だったのだ。

金沢と名古屋の行ったり来たりは楽しくもあり大変でもあり。
まあ、往復にかかる時間とお金はもったいなかったのは事実。
あの頃は3人の生活なんて想像だにしてなかったなあ。

人生いろいろあって面白いなあ、とつくづく思う。
来年の今頃はどうなっているのかねえ。
とりあえず笑って暮らしていられることを祈る。

コトコトコトコト一歩ずつ
人間としてこれからも成長したいもんだ。
Img20080805223650
ますます表情が豊かになってきた風雅。
おもろ~な顔もいろいろ見せてくれる。
あまりそっちが中心な顔になっても不安ですが…。

「ちょっとそのまま」と言っても聞いてもらえないので
正直、かなりシャッターチャンス逃してる気がする。
いかん、まだまだ未熟じゃ。
赤ちゃん撮影は一瞬が勝負。
ホンマ修行になりまっせ。
Img20080807095438

近頃の風雅、よく舌を出す。
唾液の分泌が盛んになっているらしい。

それがさあ、舌ベロを単独で出すんじゃなくて
下唇の内側にくっつけて一緒に出すんだよね。
まねしてみると意外に大変。
なんでそんな器用な出し方をするのだろうねえ。不思議。

口に手を持っていって入れようともする。
その場合は圧倒的に左手を使用する。不思議。
さらに指をなめる程度ではなくて
握りこぶしのまま口に入れようとする。
君の目指しているのは近藤勇ですか~?

あと髪の毛をかきむしるときは間違いなく右手。
まったく不思議がいっぱいの夏の観察記録でした。
Img20080808123802
昨日、甲子園の金沢vs桐生第一戦のTV中継を見終わって
さて出掛けるかと、座椅子から立ち上がったときに腰にピキッと。
昨年秋に痛めた腰をまたやってもうた。

今、整形外科から帰って来ました。
椎間板障害とのことで。
今日は安静にしております。
あすは仕事行けるだろうか…。行かなきゃまずいな。
Img20080810101648

腰はちょっとずつ良くなっておりますが。
まだちゃんと直立して歩けず。
おじいちゃんのようにヨタヨタ。

とはいえ、昨日も今日も仕事でして。
みんな「無理するな」というけど「休んでいいよ」とは言わず。
シビアなうちの会社の現状ですなあ。

風雅のリラックスタイムのお風呂を邪魔したら睨まれた。
こぶしがちょっと恐いじゃん。
すんません。
一緒に入れないから寂しいんだよお。
Img20080811112417

北京五輪も日に日に盛り上がって。
テレビの前から離れられない時間が増えてしまう。
風雅も一緒に応援ということで。
ばたばたと今日も元気にエア水泳、エア柔道か。

柔道女子52㌔級で銅メダルの中村美里選手は
平成生まれで初のメダリスト。
「昭和生まれって古臭い」ってますますなるわけね。
ボクたちでいうと大正生まれの人って感じか。

ちなみに中村選手と出身小学校が一緒だと
ヨメがえらくローカルな発見で盛り上がっておりました。
Img20080811230738

この幸せな風景を毎日見られますように。
腰を痛めてちょっと弱気な最近。

まあ、適度な体調の悪化は
日々に感謝する大切さを思い起こさせてくれて
いいことだととらえたいね。

汗でウェーブする風雅の髪の毛、暑そう。
なんともいえない子どもの頭の匂いにはまっております。
Img20080813105849

近頃の風雅は何事かよく話しかけてくれる。
「あーうーおーひゃー」みたいな感じではありますが
心の窓を全開にすれば何となくおしゃべりの内容が分かる気がする。
ご機嫌がいいときはこちらの顔を見て笑いながら「うーほーきゃ」

そんなわけでボクもヨメも風雅を笑わせたり
おしゃべりをさせたりしようと
おもろい顔を見せて必死のアピール。
その姿は傍から見たらかなり間抜けなので
紳士協定的にここには掲載できないけどね~。

ちなみに今一番受けがいいのはでっかく口をあけて変な声を出すことかな。
変顔に自信のある方はいつでも遊びに来てください。
Img20080814112301
街に人影が少ないな、と思ったら
みなさんお盆休みなんだ。
この時期にも働く少数派のみなさん、お互い頑張りましょう。
今年の夏休みは10月頃かなあ…。

メキシコにもお盆のようなものがあって
魂があの世から帰ってくる「死者の日」と呼ばれている。
お盆飾りは明るく装飾された骸骨たち。
ホテルやレストラン、街角のいたるところでお目にかかる。

骸骨に親しみが持てるって、なんかいいなあ。
なんというか血のつながりを身近に感じるというか。
メキシコから帰ってきてからスカル柄が大好きなのだ。
Img20080815110829

お盆には行けませんが次回帰省の際には必ず。
ちょっと待っててください、ご先祖さま。

イスラ・ムヘーレスといってすぐ「BABY BLUE SKY」を
思い浮かべる人はかなりの蜷川実花ファンだろう。ご同類。
現地に行った時に写真集に出てきた墓地にも行ってみた。

メキシコの墓地は造花で美しく彩られ
可愛く思えてしまうオブジェもいろいろ作られており。
ここで肝試ししても恐くないよねえ。
Img20080816142657
風雅は昨日で3ヵ月。
体重も生まれたときのほぼ倍に。

あんなに嫌がっていたうつ伏せも
最近はかなり反り返って余裕を見せる。
抱っこしても首や足に力がついたなあと実感する。

うーん、腰が嬉しい悲鳴をあげているようだ。
父も鍛えなくてはいけないなあ。
Img20080817123506

五輪も半ばを過ぎた。
柔道、水泳、女子レスリングが終わったら
ニッポン的には秋風が吹くのかな。

風雅はスポーツ中継が好きなようで
テレビに見入っていることも…。
興奮して「頑張れ」と叫んでいる両親の姿が
面白いのだけかもしれないが。

将来どんなスポーツをするのか楽しみ。
運動音痴ならカメラ好きになってもらってもいいけどね。

応援疲れでお昼寝の平和な午後。
Img20080818122446
泣いております。
のどチンコも飛び出せといわんばかりに泣きますね。
そのエネルギーを出し惜しみしない姿勢は、ある意味潔い。

大人になって号泣ってすることが少なくなった。
いやほとんどしたことないよなあ。
最後にしたのはいつだっただろうか…。
かなり悲しい出来事があってもじんわりと涙があふれる。
あふれ続けることはあっても声を出して泣くまでは至らない。

思いっきりなける若者がちょっと羨ましい。
甲子園など見るとホントそう思うな。
泣けるときに泣いておいてくれ。

とはいえ、風雅を放っておいてるわけではありません。
「はいはい、ミルクの時間ですね~、お持ちします」
Img20080819113347
「FRENCH RESTAURANT Makino」のホームページが出来上がった。
一緒に撮影に行ったゆきネエからの報告。
思ったよりたくさん写真を使ってもらえて嬉しい。
(Click!)
秋のメニューも楽しみだなあ。

久しく外食らしい外食をしていない最近。
ヨメは「付き合いもあるだろうし行っておいでよ」と言ってくれるが
なんだかボクだけ美味しいものを食べるのも気が引ける。
風雅がもう少し大きくなったらちょっと預けて夫婦でデートしようか。

「タスマニア産の子羊の瞬間燻製」でしたっけ。
こんなのがっつり食べに行く日を楽しみに。
Img20080820115119
生まれたときからふさふさだった髪の毛と違って
睫毛って全然生えてなかった風雅。
ついでに眉毛も薄いけど赤ちゃんってそんなものなのか?

徐々に睫毛も伸びて、いつのまにかくるりとカールも始まった。
こういうときだけ親は「俺に似たな」「えー、私に似たのよ」。
もちろん親父顔なんてときは内心相方に似たなあと思っているわけで…

さて、この先容姿も性格もどんな風に変わっていくのか。
自分自身が嫌いなとこだけは似てほしくないですねえ。
Img20080821113409
最近、風雅の笑顔のつぼを押さえました。
「ってそこを押しても笑いませんよ、とうちゃん」

一番喜ぶのが手や足を持って体操してあげることでしょうか。
次はやっぱりおもろー顔ですね。
でも、あんまりやりすぎの顔も見るとびっくりして固まります。

ついでに風雅はびっくりしたり、恐そうなものを感じると
見なかったことにしよう攻撃をします。
一切知らん振りです。遠くを見ています。
自己防衛本能なんでしょうか…笑えます。
Img20080822114501

近頃の風雅。
ヨメとお風呂に入っても笑顔が多くなった。
う~ん、ちょっと悔しい。なんて。

もともとはヨメよりは手が大きくて力が強い
ボクと一緒の入浴に安心感があったようだが。
最近、自分自身も大きくなったし力もついてきたし
ヨメもすっかり手慣れて気持ちよく入れるのだろう。

もう吹き始めた秋風に
早く一緒に温泉に行きたいと思うのであった。

Img20080823182141
たぶん昨日で風雅は生後100日。
きょう「お食い初め」のお祝いをしようと思ったけど
撮影のオファーがあって明日に延期。

こうやって座布団の上に寝かせてもちょこっとしていたのに
対角線に置いてもはみだし気味になってきた。
少しずつだけど確実に成長してるんだな。
健康で大きくなってくれてることに感謝。

きょうは6ヵ月と8ヵ月の赤ちゃんに会った。
どちらもぷくぷくして可愛いくて、しっかりしていて。
風雅も、もうすぐこんな感じになるのかな。楽しみ。
Img20080824162836

ヨメが一生懸命手作りしたご馳走を前に
満足そうな笑みを浮かべる風雅。
早くも美食家の予感。

今日は風雅の「お食い初め」のお祝い。
シシャモでもサンマでもない尾頭付きを家で焼くなんて
何年ぶりのことだろう。

昨日から買出ししたり下ごしらえしたり
ヨメは楽しそうに準備していた。

本当は食べさせる真似をすればいいのだそうだけど
風雅は口に近づけたスプーンをペロペロ。
食べる気満々なのだった。
ヨメに似ておいしいもの好きになるのは間違いなさそう。

pekoちゃんにもらった食器が大活躍。
どうもありがとうね。
これから離乳食も始まるし助かります。

儀式って自分のときはどうでもいいと思っていたが
やっぱり子どもにはしてあげたくなるものだなあ。
日本式のしきたりも面白くていいな、大切にしたいなと思うのは
年齢を重ねたからだろうかねえ…。
Img2a20080824162836
Img20080825070254

とうとうやっちゃいました。
風雅、寝返りました。

お座布団の上に寝かしておいて
ヨメとササッとご飯食べようとしたら
五輪を放映していたテレビを見ようとしたのか
えびぞって足を持ち上げてぐるりと回転。

座布団だから傾斜があって勢いがついたのもあるのですが。
その瞬間を目撃したヨメは感動いっぱい。
残念ながらボクは回転の瞬間はテーブルの死角で見えず。
ただ着地後の姿勢を確認。
それだけでも嬉しさじんわり。

最近、それらしき動きをしていたので
「もしかしたら」と期待はしていたんだけど。
まだ首も完全に座っていないのに頑張ったなあ。
赤ちゃんの成長って凄い、とびっくりすることばかりなのだ。
Img20080826102320
風雅が生まれてから
街角で赤ちゃん連れのパパ&ママに会うと
「おお同士よ」と親しみを覚えてしまう。

ヨメは妊婦さんを見るとなぜか幸せな気持ちになるという。
自分と重ね合わせて何かこみ上げてくるものがあるという。

どの赤ちゃんも、赤ちゃんでありながら
それぞれ個性を持っていて顔も違えば動きも違う。
それは当たり前だけどなぜか不思議にも思える。
いずれにしても、みんなめちゃくちゃ可愛く感じる。
父性ホルモンでも出ているのか。


この日、撮影でかいた汗を落ち着かせるために
立ち寄った「池田町バルバール」で出会ったベイビーは
店長の福谷さんの愛娘・美羽ちゃん。
あ、オープン3周年おめでとうございます。

目がくりくりっとして睫毛が長くて
なんか外国の雑誌に出てくるような美女。
横顔はお母さん似かな。眉毛は間違いなくお父さん。

お父さんのことも大好きで抱っこされると至福の笑顔。
もちオトンはメロメロ笑顔だし。
とってもハッピーな写真を撮らせてもらい
疲れも吹き飛んだ午後であったのだ。
Img2a20080826102320
Img20080826214224
ピアノの前に、明るい農村の前掛けが敷かれた椅子といえば…。
そう風雅のCafe Supremeデビュー。
久しぶりもヨメもアイスコーヒーをいただく。

やっぱりカフェで過ごす休日はいい。
弾む会話に時間がたつのも忘れる。
風雅は美樹さんに笑顔で対面した後は
眠くて眠くて、最後はスヤスヤ。


ねんねの前に一緒に出掛けた親友に風雅を抱かせてみた。
ちょっと恐そうに受け取るtetsuが面白い。
おお、意外に赤ちゃんも似合うではないか。
さすが何でもこなす男だなあ。
風雅も嬉しそうにしていた。
このおじちゃんに人生を教えてもらいなさいね。

肝心の美樹さんとのツーショットを撮るのを忘れてしまった。
次回行くときはよろしくお願いしますね。
Img2a20080826214224
Img20080828112615
最近の風雅のお気に入りはにらめっこ。
「だるまさん、だるまさん、にらめっこしましょ、笑うと負けよ、あっぷっぷ」
最後の「あっぷっぷ」の音感と相変わらず変な顔が好き。
そのせいか、かならず笑ってにらめっこの勝負は風雅の負け。
弱すぎるぞ、風雅。
でも我が家の百万ドルの笑顔なので許そう。
Img20080829113406
三日前にも書いたが街角の赤ちゃんに目が行く。
名古屋へtetsuと出張。
ずらして取った夏休み中なのか、
車中にはいつもよりも子ども連れの姿が多い。

窓の外には見送りのじいちゃん、ばあちゃん。
ホームを滑り出した電車の中では
「ばぁいばぁい」とまだたどたどしい別れの挨拶。
なんだかそれだけでジーンとしてしまう。

まだおしゃべりの出来ない赤ちゃんを連れた
お母さんの一人旅も目に付く。
「泣かないといいですね」「頑張ってください」と
怪しまれないように心の中で応援。
ボクとtetsuが「お手伝いしましょうか」と声を掛けたら
間違いなく誘拐されると思われそうだし…。

この日会った貫禄のあかちゃんは、なおたろう君。
もちもちのいいほっぺ~、とっても可愛いのであった。

Img20080830162212

ゆきネエのお手伝いに借り出されたのは
革の個展をする作家さんのDM撮影。
「革のある生活」ってのがテーマ。

正直、モノだけを撮るってのはあまりやらない。
ボクが好きなスナップ撮影ってのは
はっきり言って収まりが悪い絵柄なのだ。

人々がてんでバラバラ、視線もあっちこっちへ。
色んなものが写りこんでいて
画面の外へ写真が広がるイメージ。
アンバランスな均衡を保った写真といえばいのかな。

モノってのはきれいに撮らないといけないし
出来上がった写真というイメージがあった。


兵井ひろみさんという、その革作家さんは
ゆきネエのブログに載った自分の作品を見て
彼女に撮影のオファーをしてきたそうで。
生活感の中に使い込まれた革を写しこむのが課題。
何やら夏休みの課題に挑戦するような心持ち。

作家さんとアートディレクターさんが見守る中
リクエストに答えて色んなカットを撮り続けた。

注文を出す側の思いと撮影する自分の思い
それらを瞬時にミックスしてイメージを作り出していく。
ブツ撮りってのも奥が深い。

セッティングも未熟だし。
DMなら文字をどこにいれるか
そんなことも一瞬で考えなくてはいけないし。
まだまだ勉強しなくちゃいけないことがいっぱいだけど
こういう撮影も楽しくなってきた。



Img2a20080830162212
Img3a20080830163605


一番感じたのは撮影に使える時間の8割以上を
セッティングに使うべしということだ。

玉砂利の写真、
その場ではかなり枯葉やごみを取り除き
石の厚みも均等にして写したつもりだった。
でも、こうして見るとまだ目立つものがある。

すべての枯葉を取り除き、
蔓草の葉っぱの一枚一枚の向きも整え
その上で一撃必殺でシャッターを押せばよかったと反省。
まじに学ぶことの多い一日だった。

兵井さんの作品はどれも優しい肌触りの
使えば使うほど味が出ものばかり。
「ギャルリ ノワイヨ」で出会える。 (Click!)
これからの季節は革がファッションにマッチしそうだし。
それに個展は10月だから是非見に行って欲しいのだ。
ボクも楽しみにしている。

さてボクにブツ撮りのリベンジの機会を与えようという
奇特な方はいらっしゃらないかな?
腕はこんなもんですが頑張りますのでよろしく。
オファー待っておりまする。
Img20080831185811

ボクがお休みの日に晴れたのは久しぶり。
今日は午後から3人でお散歩。

まずバルバールでランチのパスタを食べて腹ごしらえ。
この前撮らせてもらった美羽ちゃんのプリントを
福谷夫妻にプレゼント。
気に入ってもらえたら嬉しいなあ。

続いて新竪町の「ギャルリ ノワイヨ」へ。
ヨメとはよく来ていたが風雅は初めて。
店主のreikoさんに抱っこされて超ご機嫌。
なんか母子みたいにしっくりくる抱き方。


ゆったりと時が流れる店内で
素敵な小物たちに囲まれて
美味しい珈琲をいただく。

風雅を抱っこしに来てくれたゆきネエも一緒に。
「女、子どもと犬に好かれる」と自負しているだけあって
風雅もすぐに懐いて何やら彼女に一生懸命話掛けてた。
いったい何を話していたんすか。

ついでにお腹がすいた風雅はミルクの催促。
すみません、持込みで…と彼も心地よいドリンクタイム。

すっかり長居した後、あちこち寄り道して買い物を楽しむ。
ゆるさが大好きな新竪町。
きょうもハッピーをいっぱいありがとう。
Img2a20080831185811