P-LIFE
Text Size :  A A A
  日記        つながり    自己紹介    メール    flickr  
Img20080601211724
いい天気の日曜。
洗濯係のボクには嬉しい限り。
可愛い服がベランダで
気持ちよさそうに風に揺れる。
見上げた空は平和な青さだ。
Img20080604144850
小さいからだで、いや
小さいからだだからなのか
すべてのパーツで表現する。
足の指にもいろんな表情がある。
これはおっぱいがんがん飲んでるとき。
Img20080605210046
お母さん大好きだよね。
いつも一緒だから。
Img20080605210352

日に日に飲む量が増えて頼もしい限り。
母乳+ミルク80㍉㍑では足りなくて「もっとくれ~」と泣く。
Img20080605221747
のびをしたら思わず出たブサイク顔。
実は起きてるわけじゃないんだよな~まだ夢の中。
Img20080606110354

ちょっと、社長ってば
足がからまってませんか~

最近、ミルクを飲んで満足な顔が「リトルおじさん」風味で
さらに肌着がはだけた感じがバスローブに見えるせいで
「社長」と呼ばれている風雅なのでした。
Img20080607212107
金沢百万石まつりの踊り流し。
集団の先頭で熱く踊る男の姿に見覚えが…。
小学5年生にしてすでに貫禄を漂わせ
恰幅のよさで浴衣を着こなす男…まある発見!
いい汗かいとったなあ。
Img20080608111107
「食べちゃいたいほど可愛い」とい形容があるが
おいしそうな風雅をこれから料理するわけじゃないよん。
排水が楽で高さもちょうどいい台所シンクでバスタイム。
相変わらずお風呂が大好きで助かる。
Img20080609114143

きのうはヨメの誕生日。
どこにも出掛けられないので、とりあえずケーキだけでお祝い。
プレゼント希望も考案中ということで後日回しに。
来年からボクと風雅は同時お祝いになるのかな。
それとも13日、15日と飛び石お祝い?
Img20080610124423

お散歩がてら行った浅野川。
金沢のイベントはゆるくてお人柄が出ている。
そんな雰囲気にもすっかり慣れた4回目の夏の入り口。
Img20080611125300

明日が見えるか?

最近、ボクの症状。
風雅の小さな顔をよく見ているためなのか
周りの大人の顔を異常に巨大に感じてしまうのだ。
ヨメもtetsuもモアイ像のよう…失礼。
Img20080612065114

少しずつぷっくりしてきた。
社長らしくなってきたね。
やっぱり赤ちゃんと言えばくびれだろ。
きょうは1ヵ月検診。
どんなもんかな。
Img20080613064943
金沢は和服の似合う街。
大切にしてもらいたい文化。
こうやって母から子へ伝わるのかな。
少女のステップがホンマ楽しそうだった。
Img20080613232013
おととい1ヵ月検診で病院に。
身長52㌢、体重3710㌘。
すくすく育ってくれている。
ありがとう。

最近、添い寝してもらうのが好き。
なんだか動物ごっこしているみたいな気がする。
布団が巣のようだ。
親鳥の感覚。
Img20080615093128

風雅の初めての写真は超音波撮影。
まだ赤ちゃんの「芽」みたいなものだった。
でも二人ともとっても嬉しかったな。

人間って不思議だよなあ。すごい!
こんなんから複雑な仕組みが出来ていくんだもの。
ホント不思議ですごい。
Img20080617213729

ETに見えないこともないですが…。
ブサイク顔が楽しいのでつい載せてしまう。
いつか風雅に恨まれるかもなあ。

何も考えず好きな表情が出来る。
そんな時期をゆっくりたっぷり過ごしてくれ。
Img20080617222605
すやすや。
二人とも穏やかな寝息。
ボクは物音をたてぬよう、そっと眺める。
当たり前のことだが自分の寝方は見たことがないなあ、などと
どうでもいいことをぼんやり考えながら。

ヨメの癖。
手をあごの下にあてて寝ること。
Img20080618093810
ヨメのムネ、いやハラの上か。
カンガルー抱っこされて眠りにつくのもお気に入りのよう。
ちょっとそんなかっこで辛くないんか?
そこは、ぷよぷよの人間ウォーターベッド的なのか?
それにしても脱力ぶりは見ていても気持ちいい。
Img20080619094527
条件反射だと分かっていても。
指をぎゅっとされると胸がきゅんとなる。
それも不思議。
Img20080620113134
昨日、金沢も梅雨入り。
急に蒸し暑くなった。

グリーンのモヒカン。
部屋の外も緑がまぶしい。
Img20080620113539
子どもの泣き顔って写真で見ることが少ないような。
やっぱり可愛い顔を残したいのが親心なのか。
でも、泣くのが仕事だからね~
オトコの仕事の顔も出来る限り残したいな。

ところで、ミルク飲みたいんでちゅか~?
Img20080621231749

いい湯だな。

三日前から一緒に入浴するようになった。
広い湯船で気持ちよさそうに手足を伸ばしている。
う~ん、手が離せないから撮影出来ないじゃん。泣

小さい頃、もちろん記憶があるのだから幼稚園ぐらいかな、
親父と風呂に入るのが嫌いだったことを思い出した。
体はゴシゴシ洗われるし、洗髪してもらえば耳にお湯入るし。
今思えばもったいないことを思ったものだ。

風雅もボクとのお風呂がいつか嫌になるのだろうか。
娘ではないのに、笑える悩みか…。
Img20080623105124

歌舞伎の見得を切るようなこんなポーズ、
かなりの赤ちゃんがお気に入りでは。
ご多分にもれずうちの風雅も。

最近は愛称も社長から大統領に昇格。
「ふーちん」→「ふーちん大統領」→「大統領」と
単純な父母を許したまえ。
Img20080624134146
昨晩は5月、6月、7月生まれのお誕生会が
Cafe Supremeで盛大に執り行われた。

なんて、相変わらずゆるゆると飲む。
よーちんは10月生まれだそう。
二代目とゲスト。
二代目はホントいい子だ。
「今度UNICに行った時に覚えていてね」と
耳元でつぶやきながら、いつもよりたくさん撫でたり肩揉みしたり。
Img2a20080624134146
「風雅くんが一年生くらいになったらわんちゃん飼うといいですよ。
そのときは是非相談してくださいね」と嬉しいお言葉。
よろしゅう頼みますわ。

よーちんと二代目みたいにラブラブな関係の
風雅とまだ見ぬ我が家の愛犬を思い浮かべるのであった。
Img20080624224824

うちの会社にいるアルバイトの中でピカイチの美少年。
まこと、そんなに爽やかに白いTシャツを着られると
隣に座る自分のくすみ加減を痛感してしまうではないか!
まだ20歳になりたて、マンドリンをたしなむ。
ちなみに彼女いないらしいから希望者は仲介しまっせ。

透明感といえばよーちんも負けんなあ。
ターコイズのUNIC Tシャツがホンマよく似合う。
これであのボケいっぱいの会話されたら天下無敵だ。
Img2a20080624224824
Img20080626092904
「おかあさん!やめて~。そこはくすぐったいどぅえす」
睡魔に襲われた隙をつかれ鼻掃除される風雅。

赤ちゃんは鼻呼吸しか出来んらしい。
酸素供給口は大切、ハナクソは障害物として撤去。
目から鱗の毎日。
Img20080627144939

「余は満足じゃ」
ミルクを飲み終わって至福のとき。
哺乳瓶をくわえていたので唇もぷっくり。
Img20080628080132
最近、ボクのまわりで「おめでたい」話が次々。
幸せの連鎖は嬉しい限りだ。
こちらもhappy ray浴びていい気分になる。

しょっぱなはsaoryたちだった。
で、きょう写真をアップしようとしたら
本人からコメントきてたし不思議だなあ。

結婚式では写真撮らせてくれるんだよね。笑
Img20080629115629

ずいぶん前に予告したけど
ボクの作品が載った本が発売された。
面映いけど「この写真がすごい2008」というタイトル。
朝日出版社からで値段は税込み1995円。←一応宣伝。
写真評論家の大竹昭子さんが昨年見た有名無名の写真から
気になるもの100点を選んでまとめたもの。
詳細は朝日出版社のホームページをどうぞ。 (Click!)

それにしても、よくぞ目に留めてくれたものだ。
ボクのは2007年の日本カメラ11月号に載ったんだけど
そんな雑誌のアマチュアの作品まで見てるんだね。
評論家はいったいどのくらい写真と向き合うのだろう。
写真が好きでも圧倒的な量を想像すると怖気づきそう。

ちなみにボクの写真はベトナム・ハロン湾で撮った
ちょっと笑えて、でも雰囲気はちょっと懐かしい作品なのだ。
その面白さを理解してくれたことが何より嬉しい。
さらに評を読むと新たな面白みも発見してくれた。
こういう広がりがあるから写真はやめられない。
梅佳代や森山大道、佐内正史と同じ本に載ったのも
めちゃちゃ名誉なことだ…感動した。

ヨメは久々外出して髪を短くしてきた。夏だね。
Img20080630084920
こんな姿を見ると母と子の絆は深いなあと感じ入る。
父親には入り込めない部分がある。
やはりお腹の中で280日も一緒だったんだから。
母は偉大だ。尊敬と感謝。

それにしても気持ちよく寝てるね、二人とも。
ボクは仕事行くか~…しょうがないから。